メニュー 閉じる

法定相続分とは?


前回は「相続人」に関してお話しさせていただきましたが、今回は「相続人」が複数いる場合にどのように遺産を分ければいいのかその目安に関してご紹介させていただきます。

第900条
1項. 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
 一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
 二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。
 三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。
 四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

その目安は「相続分」と呼ばれ、「相続人」と同じく民法に規定されています。条文を読んだだけだと分かりづらいと思いますので、表にまとめてみます。

法定相続人 組合せ
単独 配偶者 直系尊属 兄弟姉妹
配偶者 全て(配偶者) 1/2(配偶者)
1/2(子)
2/3(配偶者)
1/3(直系尊属)
3/4(配偶者)
1/4(兄弟姉妹)
全て(子) 1/2(子)
1/2(配偶者)
全て(子) 全て(子)
直系尊属 全て(直系尊属) 1/3(直系尊属)
2/3(配偶者)
全て(子) 全て(直系尊属)
兄弟姉妹(※) 全て(兄弟姉妹) 1/4(兄弟姉妹)
3/4(配偶者)
全て(子) 全て(直系尊属)

※父母の一方のみが同じの兄弟姉妹の相続分は、父母双方が同じ兄弟姉妹の1/2
※同順位が複数人いる場合、頭数で均等割合

表に記載の通り、相続人の組み合わせにより法定相続分は変わることになります。また兄弟2人など、同順位の相続人が複数いる場合は相続分を頭数で均等割するためさらに相続分が変動することになります。相続人が多く存在するような場合には、各自の法定相続分の算出が煩雑になるケースがあります。このようなケースでお困りの場合には、専門家である我々にご相談いただければ法定相続分を算出させていただきます。

なお法定相続分は絶対的なものではなく、それとは異なる相続分で遺産を分けることは可能です。方法も遺言や遺産分割協議など一つではありません。法定相続分と異なる割合で遺産を分けたい場合のご相談も対応させていただきます。

些細な事でもお気軽に弊社までご相談いただければ、喜んでご対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。
それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
お名前は公開されますので、ハンドルネームをご使用ください。

いただいたコメントは担当者より返信させていただきますが、最長で一週間程度お待ちいただく場合がございます。