メニュー 閉じる

相続人とは誰のこと?


相続が発生した時、一番最初に問題になるのは誰が相続人になるのか?ということだと思います。
実は誰が相続人になるのかは民法という法律で決まっています。そのため民法に規定されいてる相続人のことを「法定相続人」と言います。
ただ、亡くなった方の家族構成によって相続人が変わってくるため、一般の方には少し分かり辛い部分があります。
そこで今回は「相続人」とはだれかをご紹介させていただきます。

(子及びその代襲者等の相続権)
第887条
1項. 被相続人の子は、相続人となる。
2項. 以下略

こちらは民法の条文を引用したもので、第887条になります。法律というと難しい文章というイメージがあるかと思いますが、いかがでしょうか。この文章は比較的分かり易いのではないでしょうか。
この規定により、亡くなった方(被相続人)に「子」がいればその方が第1順位の相続人ということになります。
2項以下は「子」がすでに亡くなっていた場合などに発生する「代襲」というものに関する記述があるのですが、話が複雑になってしまうので別の機会とさせていただきます。

(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)
第889条
1項. 次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
 一 被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
 二 被相続人の兄弟姉妹
2項. 以下略

被相続人に「子」がいない場合に関しては、民法第889条の規定により、「直系卑属」つまり被相続人の父母、祖父母、曾祖父など直接上にあたる親族が第2順位となります。複数存在している場合には、「近いものを先にする」とのことなので、父母→祖父母→曾祖父・・・の順に該当することになります。
そして被相続人に「子」「直系尊属」もいない場合は、被相続人の「兄弟姉妹」が第3順位となります。

ここまでをまとめると以下の図のようになります。
第1順位に該当する方がいればその方が相続人となり、いなければ第2順位、第2順位もいなければ第3順位に該当する方が相続人となります。

法定相続人順位
被相続人の子第1順位
被相続人の直系尊属(父母など)第2順位
被相続人の兄弟姉妹第3順位

また、民法には次の規定もあります。

(配偶者の相続権)
第890条
1項. 被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

被相続人がご結婚されていて「配偶者」がいれば”常に”相続人となります。また、その順位は先に述べた相続人に該当する方がいれば、その方と同順位となります。
よって最終的な相続人及びその順位は以下のようになります。

法定相続人順位
被相続人の配偶者常に相続人
以下に該当する相続人がいれば、その者と同順位
被相続人の子第1順位
被相続人の直系尊属(父母など)第2順位
被相続人の兄弟姉妹第3順位

実際には、今回は説明を省略させていただいた「代襲」が発生していたり、養子の方がいらっしゃった場合には異なるケースもあるのですが、そのような場合は弊社までご相談いただければ事案に応じてご説明させていただきます。

誰が相続人になるのか、そのイメージを掴む参考になれば幸いです。
それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
お名前は公開されますので、ハンドルネームをご使用ください。

いただいたコメントは担当者より返信させていただきますが、最長で一週間程度お待ちいただく場合がございます。